着物をカジュアルに!着物・パーカー・スニーカーのススメ

Pocket

どうもぷらどんです

着物、というか長着とスニーカーって

実はとても相性がいいんですよ!

着こなしちょこっと変えるだけで更に相性がよく

とても楽しく着物を着ることが出来ます

今回はオススメの着こなし方をお送りします

スポンサーリンク



着物をカジュアルに楽しもう!

先ずは着物とスニーカーの組み合わせ

 

 

厳密には着物ではないのですが(笑)

和装とスニーカーということにしておきましょう

ガウチョパンツって袴だよなって思ったので

そのまま上に羽織を着てみたらどうだろう?

ということで試してみました!

ぱっと見着物姿にしか見えないね

インナーにTシャツ着てるのでスニーカーも合わせやすい!

 

袴は大好きなんです

ただね、トイレが大変なんですよ

そこがネックであまり履かなくなっちゃって、、、

ガウチョパンツなら楽じゃん?と思いこの着方をしてみたところ

めっちゃいい、楽だし、スニーカー合うし

羽織でいい味だせるし、もう大満足!

 

これでインナーにパーカー合わせたら

もっとカジュアルにいけるね!

もう少し気温が下がったら実行しますよ!

 

着物とインナーパーカーの組み合わせ編

これは寒い時期限定となります

重ね着するのでかなり暖かい!

上半身に着てるものは

Tシャツ・薄めのパーカー・着物(長着)となってます

上の写真は更に浴衣を重ね着してます

 

下の写真みてもらうとわかりますが

違和感がない!

色の合わせ方もあるんだろうけど

自然とこの組み合わせがまとまってるのがよくわかる!

厚手のパーカー使えばかなりの防寒にもなります

そしてスニーカー履いても違和感まったくありません

中に一枚パーカー入るだけで

とてもカジュアル感がでます

めっちゃオススメの着方ですよ

 

着物とアウターパーカーの組み合わせ編

アウターパーカーです

見て分かる通りですが違和感なし

この着方もとてもスニーカーと合いますよ

 

さてこの着方のポイントです

袖に注目してください

気が付きましたか?

 

そうなんです

 

 

着物特有の垂れ下がる袖がありません

あの垂れ下がる袖を角袖というのですが

その角袖の部分がない物を筒袖というんですね

さらにわかりやすくいうとですね

上野公園にある西郷隆盛像を検索してください

そして着物に注目してください

 

西郷隆盛像検索画像

 

そうなんです角袖ではなく筒袖なのです

筒袖の利点がとてつもなく大きいのです

それは今まで着ていた服を上に着ることが出来る!

そこからこのアウターパーカーも思いついて着てみました

これがまた楽でいい、、、(´∀`)

 

ちなみに筒袖は自分で改造しました

ええ、縫いましたよ(笑)

しかも楽しかったよ

 

この筒袖着物から更に進化することが出来ました

 

着物&パーカー&トレンチコート

着物とトレンチコート合わせられるなんて、、、

どんだけ楽しいんだ

こういう着方もあるんですよ?

っていうかしてもいいんですよ?

だって服装なんて自由に着ればいいんですよ?

自由に楽しむの忘れちゃいけないね

 

ここから更に発展がありまして

その写真がこちらです

デニム着物&インナーパーカー&トレンチコート

デニム着物だとものすごーくラフな印象になるので

とてもこの組み合わせに合います

もちろんのことスニーカーとの相性も抜群です!

このデニム着物も筒袖に改造してあります

そしたら着方の幅が広がって面白くて面白くて、、、

 

 

ここまでくるとスニーカーじゃないと合わないね

雪駄とかだと違和感あるかも

自分はスニーカーメインで着るしか考えていません

なのでこういった組み合わせが大好きなのです

 

 

まとめ

 

自分はいかに着物とスニーカーを合わせるかを大事にしています

着物をカジュアルに着たい、その気持ちも強くあります

正直なお話をするとですね

 

実は足が悪いのです

 

雪駄とか下駄とか正直辛いんです

足首と指周りを痛めているので

あの指で挟むというのがしんどいのです

 

そこからスニーカーを履くという考えが生まれました

もっと合うようにするには?

という思いつきからこういった着方をするようになったのです

 

スタート地点は実は苦肉の策だったんですが

結果としてめっちゃ楽しい着物生活となりました

男性で気楽に着物を着て欲しい

その思いも生まれました

着物って楽しいんだよ!

 

そこのあなた!一緒に着物を楽しみませんか?_

 

おしまい

スポンサーリンク




スポンサーリンク



Pocket