珈琲の何がすごいって、そこまで手間暇かけて飲もうっていうのが一番すごい

珈琲
Pocket

人間ってすごい

何でも飲もうとするし食べようとする

先陣切った方に感謝だ

どうもぷらどんです

 
スポンサーリンク




 

最初に珈琲を飲んだ人ってすごいよ

今って珈琲って気軽に飲めるよね

インスタントだったり缶コーヒーだったり

ちょっといいもの飲んでみようかと

こだわりのある珈琲店で、オリジナルブレンドを飲んでみたり

飲み方は多数あるよね

 

だけど珈琲がどういう風に作られているのか

珈琲豆っていうけどそのまま実っているのか

詳しい事を知らない人も多いと思います

そして知れば知るほど、珈琲って飲むまでに手間暇がかかってる!

と痛感せざるをえないのです。

そんなわけで、珈琲を飲めるようになるまでの話をしていきますよ!

 

 

 

まずはこの写真を見ていただこう

 

んーチェリーっぽいね!

木の実であるのは間違いないよね

これが何かわかった人は

ある程度珈琲が好きな人です!

 

これはコーヒーノキに実るコーヒーチェリーなのです

 

初めて知った時こう思いました

コーヒーって豆なんじゃないの?と

豆が実ってるんだとずっと思ってました

違ったよ、ママン

 

じゃぁどうなってるの?って話ですよ

 

このコーヒーチェリーの実の部分を捨て(!)

中の種の部分だけにして

乾燥させた物がコーヒー豆なんです!

 

さぁみんな一緒に突っ込みましょう

 

種じゃん!

 

種なんですよ!

豆とかいっといて種なんですよ!

もうびっくりだよ!

ぶっちゃけ未だにこれ納得してないです(笑)

 

種だけど一般的に豆と呼ばれているものがこちら

 

これが生の状態、通称【生豆】ですね

この状態ではまだコーヒーを飲めません!

じゃぁどうするのかって?

 

ここに熱を入れて焙煎するわけです!

焙煎度合いにもよりますが

熱が通った状態がこちら

 

 

んー見慣れたコーヒー豆だね!

ここからならこの後どうするかわかるよね?

 

この豆を粉にしてお湯で煎じて

その汁がコーヒーなんだね!

やっと美味しく飲めるよ!

 

振り返ってみよう!

 

コーヒーノキの実コーヒーチェリー

種だけにする(豆って言われてるけど)

乾燥させる

焙煎する

粉にする

抽出する

 

 

すごい大雑把だなおい

 

ま、ざっくりまとめるとこんな感じ

凄いよねぇ

実を食べないで捨てて種だけにして

それを乾燥させて火を通して粉にしてお湯で抽出する

 

こんなこと誰が思いついんたんだろう(笑)

 

元々薬として知られていたから

煎じるっていうところから来てるのかも?

 

まとめ

これだけ手間暇かかっている珈琲

美味しく飲めることに感謝です

そして最初に飲んでみようとした人ありがとう!(笑)

 

感謝しながら今日も珈琲をいただきます

 

おしまい!

 

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク



 

Pocket

コメント