コーヒーが上手く淹れられない、そんな人にはフレンチプレスがいいよ

心の叫び

安定して淹れられるのでおすすめです。

一般的に知られてる淹れ方は、

ペーパードリップですね。

一般的に知られていますが、

実は淹れ方により、

とても味が左右されてしまいます。

同じ味をだすのが難しいのです。

ではそれを無くすには?となるのです。 


淹れ方により、

ほとんど味が左右しない。

それがフレンチプレスなのです。

フレンチプレスって紅茶じゃないの?

そういったイメージが強いと思います。

でもね。

フレンチプレスって元々コーヒーの抽出器具なのです。

知ってました?

おれは知りませんでした(笑)

使ってみるとこれがまたいい。

まずは愛用のものをご紹介。

image
 

しっかりとコーヒーのイラストが描かれてます。

これを使いコーヒーを抽出します。

使い方は簡単。

ポッドにコーヒーの粉をいれ、

お湯をいれて、

4分まって、

プランジャー(プレス部)を下げて、

コーヒー粉を下に集める。

カップに注ぐ。

これだけです。

簡単です。

ただ注意点があります。

ペーパーで取り除かれるものも、

ダイレクトに抽出することになります。

実際に淹れたものをみるとわかるのですが、

コーヒーの表面に油が浮いています。

これはコーヒーオイルで、

味の醍醐味になるものです。

時間がたち鮮度が落ちた豆だと、

このコーヒオイルが酸化してしまい、

味をそこねてしまいます。

なので豆は鮮度のいいものを使ってください。

美味しさがよくわかります。

コーヒーの基本は、

煎りたて

挽きたて

挿れたて

の3たてですからね。

これを守るだけでもとても美味しいコーヒーが楽しめます。

ちなみにいま自分は、

市販のコーヒー豆や粉は使ってません。

生の豆を自分で焙煎して、

挽いて使用してます。

ここまでやらなくても、

いまは焙煎したての豆を販売する店も増えてます。

そちらを利用するのが本当は一番です。

なんせプロからの購入ですから。

つい最近まで、

手動で豆を挽いていました。

こちらを購入してから一変しましたよ。

image
 

電動のコーヒーミルです。

これほんと気に入ってます。

さくっと自分好みの粗さで豆を挽けます。

値段もお手頃でお気に入りです。

豆にかんしてはこんな感じ。

image
 

ちょっと見づらいですが、、、、

先日焙煎しました。

こんかいは網での焙煎です。

いい味になってますよ。

これをフレンチプレスのポッドで淹れます。

image
 

焙煎したての豆をつかうとよくわかるのですが、

お湯を注ぐと物凄くふくらむ!

もっこぉぉぉぉぉぉぉって膨らみます。

これがまたみてて楽しいのですよ♪

一度これで飲むと、

コーヒーは鮮度が命というのがよくわかりますよ。

いままで飲んでいたのはなんだったのかと。

気軽にコーヒーを楽しむ。

一番はこれです。

そこにこだわりも入るとまた楽しいのです。

そして美味しいのです。

まずは市販のコーヒー粉をつかい、

フレンチプレスで飲んでみてください。

新しい発見がありますよ。

それではまた! 


コメント