ガンダムもいいけど、もっといいものあるでしょ?それはガンヘッド!!

Pocket

実はリアルタイムでガンダムほとんど見てません。

どっぷりハマってたのは、

ガンプラなんです。

流行ったねぇ。

さらに加熱させられたのが、

プラモ狂四郎という漫画。

ガンプラメインの漫画っすよ。

はまらないわけがない!

さらに当時自分はアニメに対し、

あまりいいイメージがなかった。

よろしくないアニメのイメージが先行したのか、、、

なんだったんだろ。

そんな中おれの人生を変えることとなった、

一本の映画と出会いました。

そう、それが【ガンヘッド】!! 


純粋にロボット、メカとして、

ガンダムにあまり興味持てません。

人型というのがリアルさに欠けるんだよね。

ガンヘッドはそうじゃない。

見てもらった方がはやい。

ガンヘッドはこちら。

ガンヘッド
 

うおおおおおおお

これ映画撮影用の1分の1モデルだよ。

実寸サイズってことですよ。

これは自立歩行モードですな。

戦車モードというのもあり、

歩くことも可能な戦車と思っていただければ。

もうね。

このデザインが大好きなんですよ!

頭の上ガンがのってる。

だからガンヘッド!

ひねりもねえよ!

だがそれがいい!

そして何よりも好きなのが、

ガンヘッドには人工知能が搭載されていて、

人間との会話も可能。

何よりも独立して考え行動も出来る。

このあたりナイトライダーにも通ずるところあるね。

そして世界感も独特。

とくに会話が面白い。

普通の人間同士の会話の言語が面白い。

基本的に、日本語と英語での会話です。

会話の仕方としては、

日本語で話かけるとそれを理解して英語で返してくる。

英語で話かけると それを理解して日本語で返してくる。

機械をつかっているわけでなく、

そういった言語の世界なんです。

これがとても好き。

バイリンガルとはまた違う印象。

ガンヘッドは英語しか喋りません。

主人公は日本語しか話しません。

それで会話が成立してるんです。

この独特の世界観がたまらない。

ストーリーはそれほど、、、、、(笑)

ツッコミどころ多くて困るのよ。

つまり見所はほかにあるのです!

一番の見所は、

主人公の精神的成長!

チープだけどかっこいいんだ。

例えば

主人公ブルックリンが、

ヒロインのニムに言われた言葉。

真のヒーローとは結果など考えず、自分がヒーローとも考えず、信ずる道をたどる者(GUNHED-ガンヘッド-/ニム)】 

この言葉いまも心に刻んでおります。

もう死ぬまで消えることはないな。

ガンヘッドの名セリフがあります。

それもまた痺れる。

最後の戦いになるであろう、

決戦に向かう主人公とガンヘッド。

二人共死を覚悟している。

そんななかガンヘッドはブルックリンに、

こう語りかけます。

【1つお願いがあります。
死ぬときはスタンディングモード(直立形態)で】

ガンヘッドが最後に願ったのがこれです。

おまえさんほんとは侍だろ?

といいたくて仕方ない。

この映画の魅力は、

セリフ。

セリフの掛け合いが非常に魅力的。

ガンヘッドの男気もたまらん。

そしておれの人生変えたというのが、

この映画で機械メカ好きになったことなんです。

映画のワンシーンであったのが、

ブルックリンがガンヘッドを直すところ。

元々ガンヘッドは量産型。

大戦に負け、

ガンヘッド墓場とも言われるスクラップ場がある。

大量のガンヘッドのスクラップから、

使える部品をあつめ、

そしてなおし、

一体のガンヘッドを蘇らせた。

というシーンがあるんです。

部品を集め、

ネジをしめ、

溶接をして、

パイプをつなぎ、

燃料をいれ、

エンジンをかける。

蘇る鼓動。

ガンヘッド、、、、、、復活!

あああああああああああああ

見たくなってきた(´・ω・`)

現在自分がメカ好きとわかるお話としては、

【車検整備は自分でやる】
【車検も自分で通す】
【タイミングベルト交換出来る】
【趣味で自動車機械工学の専門書を読む】
【整備士の資格はありません】

ほんと機械が好きなだけなんです。

とくに車。

でもねほんとはね。

作りたいものがあるんですよ。

そう。

ガンヘッドを作りたい。

人工知能込で作りたい。

どうすれば実現出来るか?

考えるだけでわくわくする♪

目の前にガンヘッドがいて、

会話できたら。

おれ号泣するな。

やっと会えたんだもん。

てなわけでガンヘッドまってろぉぉぉぉぉぉぉ。

ほんとねいい映画だよ!

ストーリー以外(笑)

SF好きな人にはぜひ見ていただきたい! 

Pocket