SFは面白い、【All You Need Is Kill 】マンガを見て思い出したよ

心の叫び

めっちゃ面白い

というわけでどぅもぉーぷらどんでぇーす

 

元々SFは大好きなんです

映画に限らずゲームマンガ小説

ただ最近面白いと感じられるものに出会えてなかった

そんな中つい数日前ころっと出会ったわけですよ

 

【All You Need Is Kill 】

 

めちゃくちゃ面白い

そしてSFが好きだって思い出させてくれたよ






ハリウッド実写映画化もされていますが

今回はマンガの紹介です

 

 

人類は今、かつてない戦争をしている。敵は「ギタイ」と呼ばれる化物。ジャパンの南方、コトイウシ島で繰り返される戦闘。初年兵であるキリヤ・ケイジと戦場の牝犬と呼ばれるリタ・ヴラタスキは、まだ見ぬ明日を求める戦いに身を投じていく――。
Amazon説明文よりから

 

 

作画が小畑 健っていうのも神がかっていていい

SF設定としてはタイムリープを主軸にしています

同じ時間を何度も繰り返し体験するというものです

この中では死ぬとある時間まで遡る

リセットされるとも言える設定

ただし記憶はそのまま残ります

 

まるで一度クリアしたゲームを

レベルそのままでもう一周するような感覚

 

ふとこのマンガを読んでいてとある感覚を思い出しました

選択する

間違える

チヌ

コンテニュー

そこまで戻ったら違う選択をする

以下繰り返し

選択が正しいと新しいストーリーが見れる

そして話がすすむ

全体の概要が見えてくる

 

このものすごく楽しい感覚ってなんだっけ?

記憶をたどりその答えをみつけました

初めてサウンドノベルをプレイした感動と同じだ!

 

マンガを読んでいるはずなのに

ゲーム的感覚でその世界に引き込まれていく

これがとても心地よい!

ぐいぐいとその世界観と魅力に惹きつけれます

 

タイムリープという使い古された設定ですが

まだここまで可能性があると教えてくれた作品ですね

まだまだSFの可能性は無限にある

そこをどう切り開くかにかかっているだけ

 

そして基本的に自分は戦争物が好きです

ただし

人間対未知の生物に限ります

人間同士の戦争は大嫌いです

不毛にもほどがある

 

この作品の戦いのテーマは

【未来を切り開く戦い】

なんだど感じました

全ては未来のため

 

非常に面白いおすすめです

 

なお実写映画かしてるのでみたいなーっておもったら

Amazonで100円で見れます

恐らく期間限定なので気になる人はお早めにー!




コメント