たった一杯のワインが人生観を変える、そんな事が本当に起きるから面白い

心の叫び
Pocket

どうもぷらどんです

良く人生を変えた飲み物や食べ物があった

そんな話を見かけますよね

そんなの本当にあるの?って感じだったんですけどね

本当にそんなことが起きるんだって体験したんですよ

その時のお話をしようと思います

 

 

奇跡の出会いは友人のお店だった

友人の一人がイタリアンのお店を始めた

そこからこの出会いは始まっていました

とある場所にそのお店はあります

 

友人の希望でネットでお店の事は書かないでくれと言われています

お勧めしたいとてもいいお店なので、紹介できないのがとても残念です、、、

 

そのお店は簡単に説明すると

イタリア家庭料理とこだわりのワインを提供するお店です

店主自らイタリアに料理修行に行き

その時知り合った農園と直接取引して

美味しいと思ったワインしかおかない

この時点で商売っ気がないのがわかります(笑)

 

グラスワインを3種類ほど頂きました

驚いたことが一つあったんです

共通点があるんですけどね

その全てにおいて余計な味がしないということ

混ざり物がない本当のワインの味なのか?

と感動を覚えたのです

 

たった一杯のワインが心を揺さぶる

食事とワインを楽しんでいると

友人がこう話してきました

 

【普段グラスで出してない、いいワインをグラスで出せるけど飲む?】

 

詳しく聞いてみると

値段が割と高めでグラスワインではとてもじゃないけど出せない物

たまたまそれをグラスで出しているとのこと

そんな話聞いたら飲まないわけにはいかない!

というわけで注文したんです

ただね、グラスワインの値段が1500円なのです

普通に考えればとても高いですよ!

 

ボトル売りの値段を聞いてふと思いました

 

【これ、元取る気ないよね?】

 

そう聞くと友人はこう返してきました

【元は取れないけど、イタリアワインの良さを知ってほしいんだよね】

流石おれの友人、わかってらっしゃる

 

飲んでみた所、、、ぶっ飛びました、、、

今まで飲んでた赤ワインは何だったんだろうかと、、、

ブドウの美味しさ、ワインの美味しさ

それだけを詰め込んだような味

ただただたまげたの一言です、、、、、

 

正直このグラスワイン3000円出してもいいと思いましたよ

何ていうか、、、

今までの赤ワインのイメージを全部壊されたって感じです!

この時より赤ワインにどっぷりとハマり始めたわけです

今はただ、赤ワインをかたっぱしから飲んでるだけですけどね(笑)

イタリアワインの魅力にずぶずぶとドはまりしていったのです

 

イタリアワインに惚れ込んだ理由

イタリアワインって面白いんですよ!

何が?って具体的にお話するとね

フランスの話すると分かりやすい

 

ワインと言えばフランスです

フランスのワインというのは

国で等級が決まっていて

基本的には、美味しさ=値段、という方式があてはまります

もちろん例外はありますけどね

 

それに対しイタリアです

そういった厳格な等級はなく

それぞれの農園が【家がイタリアで一番!】【家は世界一!】【家が宇宙一だから!】

といいあっているのです(笑)

なので値段と美味しさが必ずしも、イコールになるわけではないんです

美味しいワインを探す楽しみがあるんですね

 

またワインの立ち位置の考え方が大きく違うのも注目です

 

フランスではワインがメインとなり、それに食事を合わせることもあるくらいです

イタリアでは食事とワインは同等で、気楽にワインを楽しもう!という考えですね

 

この辺り本当にお国柄が出てるよね!

イタリアの陽気な雰囲気がとても出てる!

何事も楽しもうっていうのがありありと感じられるね

そもそもイタリアが大好きなのです

食文化、街づくり、ワイン、人柄、すべてに置いて大好きです( *´艸`)

こんな魅力ある国は中々ないですね

 

 

イタリア赤ワイン、、、最高、、、!!

もうね

いい意味でイタリアの適当さが最高です

イタリア赤ワインのすべてにそれが詰まってる!

いい物は高い

それは当然なんだけどね

安くても美味しい物が多いのもイタリア赤ワインの特徴!

自分に合うものを探す楽しみがありまくり!!

フランスの高級感を味わうワインもいい

それ以上に気楽に楽しめるイタリアワインが最高!

ほんとこれに尽きる

もっとイタリアワインが普及すると面白いんだけどなぁ

是非その世界観を味わって頂きたいですね!

 

もっと気楽にワインを楽しみたいと心から思うのです

ワインと言うとなんかこう高尚なイメージがついちゃう

ソムリエがワインを飲んで

花がどうちゃらとか、これは何のようだとか

そういった表現の仕方があるからそういったイメージ着いちゃうんです

それも大事な事なんですけどね!

 

そんなことどうでも良くて!

美味しいワインを味わえばいいと思うのです

自分が美味しいと思うワインを飲めばいいんです!

ただただそれだけのこと

 

ワインって保存が効かないんですね

飲み干さないといけないんです

だからフルボトルを一本一人で飲むのは辛いのです(俺は飲むけど)

ワインの良さはその味を仲間で分かち合うことにあります

みんなで美味しさを共有出来るんです

ワインを楽しむ真骨頂はここにあるのかも知れませんね

 

最後に一言

イタリアワインは最高!

 

おしまい

 

Pocket