次世代へ繋げる着物の現代的解釈は筒袖着物だと断言出来る!


どうもぷらどんです

着物といえば角袖着物

袂(たもと)袖にゆとりがある部分があるもの

それが代表的な着物なのは間違いありません

だけど着物はそれだけじゃないんだということを知りました

そしてその中の一つである筒袖着物こそ

自分が求めていた理想であり

今後多くの人が着る事になるものだと確信しています

なぜそう思うのか?

今回はそういったお話です

 

角袖着物とはこんな感じ

 


腕の袖の部分したに

ゆとりのある布地の部分があります

その形の着物を【角袖】といいます

通常着物と言われて思いつくものがそうですね

角袖もとても素晴らしい着物です

ただアレンジをしようと考えると

やりづらい事が多いんですよね

上に羽織るものが限られたりとか、、、

筒袖着物とはこんな感じ

 


こちらの様に袖の部分袂がなく

よく見るシャツやジャケットの様なデザインですね

すっきりとした見た目が軽やかで好きです!

 

説明にもあるように昔から筒袖着物は存在していました

恐らく愛用する人が減っていったのと

洋服文化が流れてきたことで

ほとんど筒袖を生活の中でみることが無くなったんでしょうね

 

ただ筒袖自体は武道の道着では現在も使われていますね

弓道などをはじめ、動きやすさを重視する時に重宝されてるのがわかります

 

なぜ筒袖着物なのか?

筒袖着物単体のデザインがとても好きというのがあります

藤木屋さんのデザインは更に洗練されていて

一瞬ジャケットに見える腕周りの袖となっています

素材はデニムなのにスーツを着ている錯覚もあったりします

このデザインがとても好きです

デザインだけに留まらずこの恩恵は

アレンジの際にとても重宝するんです!

 

和と洋を組み合わせやすい

 


藤木屋さんが提案された

筒袖着物とトレンチコートの組み合わせには衝撃を覚えました

そしてこれを見た瞬間自分はこう思ったんです

 

【自分が探していたものはこれだ!】
角袖着物の上に羽織るもの

それを考えるとその理由がよく分かってもらえると思います

角袖の上には角袖の羽織位しかないんです

角袖コートやインバネスコートなどもありますが

それでも選択肢はかなり狭まってしまいます

 

これは面白くないぞ?

着まわしが出来ない

 

そんな時に知ったのが筒袖着物です

これならば着物上に何でも着れます!

今まで洋服に合わせていたアウターなら

何でも合わせることが出来るのです!

この選択肢の幅の広がりがとても好きなのです

 

トレンチコートを羽織る

筒袖着物ならではの合わせ方ですね!

 

 

着物が主張しすぎない

トレンチコートも含め

その他洋服のアウターを羽織ると

かなり印象が変わります

 

 

 

遊びで筒袖着物の上に

パーカーとライダースジャケットを合わせてみました

下がデニムパンツということもあり

着物感が皆無ですね

違和感なさすぎになっています!

 

 

こちらはロングパーカーの上に

デニムのチェスターコートを羽織っています

こちらも違和感なくとても着やすくて気に入っています

 

パーカー単体でもいいし

重ねるのもいい

自分の好きなことを出来るんです

 

自分の理想を実現出来るのが筒袖着物なのです

着物で遊ぶということ

アレンジを増やすということ

 

完成されているものに遊び心が入り

自分のアレンジを素直に表すことが出来るんです

個性を出すのが難しかったのが

わかりやすく出せる、それも幅広く

 

これこそ自分が求めていた着物だと断言できます

だからこそ普段着物に慣れていない

初心者の方にこそ着ていただきたいと思っています

 

 

まとめ

遊び心を取り入れる

本当のお洒落を考える

 

そして失われた日本人の中の着物文化を復活させたい

 

真面目に着るのもいいのですが

今の時代、これからの時代に必要なものは

遊び心を大事にして

いかに普段着として着ていくか

更には着物をお洒落として楽しむ

 

これがとても大事なのだと考えています

もっと気楽に着物を!

もっとお手軽に着物を!

 

楽しむことの一つとして

再認識されていくことを願っております!

 

 

おしまい