こんな時間(AM2時)だけど珈琲飲みたいから焙煎おっぱじめてみた

Pocket

なにしてんだろー

いやー珈琲飲みたいだけだよー

 

注 ワインフルボトル空けた直後です
いろいろ察していただけると嬉しいです






 

飲みたいんだから仕方ないね

いやお酒飲んだあとにね珈琲飲みたいって普通じゃないですか

そしたらねちょうど焙煎済の豆がなかったんですよ

それでも飲みたいわけです

 

こりゃ焙煎するしかないなと(AM2時)

 

うひょーい

というわけで今回の豆はこちら

ブラジルブルボンという銘柄

一般的にブラジルの珈琲豆は有名ですが

ブルボンというのは最近は希少なようです

病気に弱く大量生産にむいていないようです

確かにこれちょっと高かった

いつも買うやつの倍の値段したしね

 

こんな状態で焙煎したら豆に失礼なきもするけど

そこは許していただこう←なにに?

 

今回は普通に手網でいきますよ!

焙煎開始ー!

 

うりうりゆすりながら熱をいれます

しばらくすると

色が付き始めました

さらに熱入れ

 

いい感じになってきた

約8分ほどかな?

いい色になってきました

ここまで熱が入ると煙が出ます!

結構でます!

なれないとビビります!

 

これ以上焙煎を勧めたくないので

早々にドライヤー送風で熱をとばします!

うちわでもいいらしいけど疲れるからおいらはドライヤーです

粗熱をとったのがこちら

うふーん、いい色になりました

さてさて味はどうでしょう?

 

豆挽くよ?挽いちゃうよ?

最近ドリップするときは

こちらのミルつかっております

ごりごりするのも楽しいんですよ

やる気がでる(`・∀・´)

丁度これで挽き終わるとお湯が湧きます

 

引き終わった豆はこんな感じ

すごい何も見えない(笑)

フラッシュたいて取り直し

はぁーいい香り

たまらん

 

淹れちゃうよ?

基本浅煎りは好きじゃないです

味もあるんだけど

ゴミ(薄皮)が出る量減るんです

ようはそれだけ燃えてるんだろね

ちなみにゴミの出方はこんな感じです

正直これは少ない!

もっと出るからね!

 

さぁ淹れるよ!

少量のお湯を注ぎます

優しくね

この状態で蒸らします

10~30秒ほど

この辺は好みで

 

さぁ本格的にお湯を注ぎます!

 

抽出完了!

ちなみにお気に入りのポットの紹介です

これ電気式のポットです

珈琲淹れるのにこの形は大事だよ!

使いやすくてお気に入りです♪

 

大きめのカップなので

2カップ分の量となります

そそぎますぜー

はぁぁぁぁぁぁ

いい色だ

これだけも幸せ

うん、珈琲バカだから仕方ない

 

さて味の方はいかがですかね?

深煎りにしたことと

豆自体酸味が少ない

苦味とコクが特徴の豆です

 

苦味と焙煎したての香ばしさが何ともいえない美味しさ!

珈琲の味も良いのですが

甘い物と合わせて飲むと両方の美味しさが倍増します

 

ひらたくいうとめっちゃウメェ

 

珈琲は3たてが理想といいます

【煎りたて】
【挽きたて】
【淹れたて】

この3っつが理想です

挽きたてと淹れたてはどこの家庭でも出来ます

販売している焙煎済の豆を使えばいいんだから

そこに煎りたても入ってくると

今までがなんだったんだろう?

という次元の違う美味しさが待ってます

 

もうやめられないです

この珈琲の楽しみ方は

 

自分で焙煎は難しそうという方は

その場で焙煎してくれるお店での購入をおすすめします

焙煎は技術が必要ですから!

そこはプロにまかしちゃえ!

 

でもおれは自分でやるけどね!

楽しいから♪

 

というわけでいきなり焙煎大会でした!

おしまい!





 

 

Pocket