思いつきでノンオイルフライヤーで珈琲生豆を焙煎した結果

2017年3月1日


はいどーもー

ぷらどんでーすー

 

普段はガス火直で焙煎してます

この間テレビを見ていたら珈琲農園の特集やっていました

ハワイです、珈琲としては高級品のハワイコナですよ

その時には農家の方がどうやって飲んでいるのかを放送してたんです






 

そこで登場した人物がすごい呼び方

伝説の焙煎士

伝説ですよ伝説、いわゆるレジェンド

そんな肩書きの方が行なっていたのが

熱風焙煎でした

 

あつーい空気で焙煎です

いやな焦げの苦味もなくクリアな味になるとのこと

 

うーんこれはやってみたい

どうにか出来ないかと考えてたら思いついたんですよ!

ノンオイルフライヤーがあるじゃないですか!

これはやってみる価値がある!

 

というわけで早速やってみましたよ!

その結果がこちら

 

おおおおお!

これは綺麗にできた!

ムラが少ないのが凄い!

 

早速味の確認です

 

 

焙煎直後〜焙煎後1週間位の豆は

金属のドリッパーがオススメです

 

 

お湯を注ぐとよく膨らむ

これは鮮度が良い証拠なのです

 

 

ちょっと見づらいですが

油が浮いてます

珈琲オイルといって美味しさの秘密です

 

っていうか味!

 

超美味しいでやんの!

ガス火の焙煎でどうしても気になってたのが

ガスの臭いが気になってたけど

これだと一切ない!

さらに驚いたのが甘みが強いんですよ

ナッツのような甘みがまた美味しいわけですよ

 

これは大成功( ^ω^ )

かなり理想の味に近づけた

しばらくこの焙煎やってみよう

 

最後にひとつだけ弱点が

ゴミ(薄皮)が部屋中に飛び散る(笑)

これは専用機じゃないから仕方ない

今後の課題ちゅーことで

 

おしまい