なんで水を買うのか理解出来ない、その理由は住んでいる場所にあった


はいどーもー

ぷらどんですよーっと

 

コンビニや自動販売機で飲み物買いますよね

今は種類も多く何を買うか迷ったりしちゃう

ジュース、珈琲、お茶

どれにしようか悩みます

 

だけどね

水は買う気にならない

どうしても必要な時は買うけど

基本的に買うものから外れている

だけど買う人が多いのも事実

 

なんで水買うの?

 

毎度毎度疑問に思っておりました

そもそもなんで俺は買わないんだろうと思ったり

その理由考えてみた

その理由は自分にとっては当たり前

他人からみたら考えられない理由でありました





 

ずばり水道水で十分なんです

もっというと

長年住んでいる神奈川の真ん中へん

ここの水道水は地下水なんです

 

そう水道水で十分美味しいです

 

なのでわざわざ買うっていう選択肢がないんです

食事の時水道からちょくでコップに注いで

そのままグビグビ飲んでます

不味いなんて思ったことないなぁ

 

更に吉祥寺に住んでいた時のことです

流石に東京だから水道水は美味しくないかなぁ

なんて心配していたんですよ

試しに飲んでみたら、、、

あれ、意外と飲める

ていうか十分美味しいじゃないか?

 

引っ越して間もなく

水道屋さんに修理をしてもらうことがありました

その時に水道水のことを訪ねてみました

そしたら意外な答えが帰ってきました

 

【八割位地下水含んでますよ】

 

まじか!

どうりで水道水飲めるわけだ!

そんな情報知りませんでしたよ

 

偶然なんですけどね

地下水に縁があるようです

狙ったわけではないんですよ

 

都内で地下水の地域なんてあったんだねー

しかも吉祥寺がそうだなんて

嬉しい誤算だったなぁ

料理するにも重宝したし

飲むぶんに困ることもなかったな

 

調べてみたら

東京の昭島市は100%地下水だそうです!

いいねー

 

水が美味しいって大事!

これだけ美味しい水飲めるなら

わざわざ買う必要はない!

というのがおいらの結論でございます

 

水が美味しいってさいこー!