ガンダムアニメ強化月間、その中で予想以上にターンエーガンダムが面白い


完全に食わず嫌いでした。

どうもすいませんでした。

 

多くの人があのガンダムで拒否反応でたよね。

だって髭だよ?ヒゲ。

ガンダムにヒゲて。

 

自分もその中の一人でした。

もう過去形になってますよ。

いま見ている途中なので、

そこまでの感想となるよ。

すごいよく出来てていい。

ストーリー、キャラクター、メカデザイン。

このレベルの高さは予想以上でした。

 

ヒゲのガンダムが良くも悪くも印象が強い。

メカデザインだれなのか知らなかったけど、

今回たまたま知ることとなりました。

知って驚いた。

 

あのブレードランナーのデザイナーなのね。

ブレードランナーは大好きな映画。

知るとさらに意外だと感じますな。

サイバーパンクなイメージとは少し違うからね。

 

今回歴代のガンダムの、

第一話を見てみて、

そのまま見続けるかを決めたんですよ。

 

その中でターンエーは、

続きがみたくなり、

そのまま見続けております。

 

ストーリーの勝手なイメージとして、

遺跡となっていたガンダムが、

復活して戦争に巻き込まれていく。

 

という勝手なイメージ。

それがいい意味で覆されたなぁ。

 

戦争というか、

ハイジ見ている感あるね。

ものすごいほのぼのする。

 

時代設定?

世界感か。

アルプスの少女ハイジのような時代設定。

これだけでもうほのぼのしますわな。

 

近代的なものはほとんどない世界。

その中にモビルスーツという異彩を放つ存在。

それらを取り囲む個性豊かなキャラクター。

ストーリーもしっかりしている。

 

面白くないわけがないじゃない。

 

でもね。

いま見るから面白いのかも。

平成ガンダムを見てからだから、

かなり印象が違う。

当時はほんと興味なかったからね。

 

結論として、

ガンダムファンは当たり前に楽しめるし、

ガンダムを知らない人も十分楽しめる内容です。

おすすめとなっています。

 

このほのぼの感と、

戦争という相反する物語。

いちど見る価値は十分ありますよ。