平成落語ブームが起きてるそうな。その魅力ってなんだろう?


全く気がつかずに、

最近落語にハマっております。

落語は娯楽です。

笑うだけでなく、

涙を誘うこともあります。

そうなんです。

感情を揺さぶるんですよ。 


喜怒哀楽全て揺さぶられます。

噺家さんが噺をする。

それを聞く。

たったこれだけで感情が動いてしまう。

そりゃ面白くないわけがない。

噺家とはなにか?

の問の答えの一つに、

面白くない話を面白く聴かせる。

とても感銘しました。

面白いって笑いだけではないんですよ。

泣ける映画も面白いっていいますよね?

泣ける落語も面白いんですよ。

さらにさらに。

同じ話でも、

噺家さんにより少しづつ内容が違う。

これはとても面白い。

一子相伝のようでそうでない。

自分の落語を作れる。

これも魅力の1つ。

平成落語ブームの内容を見ましたが、

実はAKBと同じことをしてるように見えました。

なにが同じなのかって?

それはね。

距離感

これにつきます。

演者さんと観客の距離感。

これがとても近い。

なので一緒に成長していく感覚が生まれます。

どちらにも必ずいるのが、

若手の子が出世していく姿をみて、

あいつはワシが育てた(AAry

とか。

どちらにもメリットあるからいいよね。

どちらも顔を見れるわけだし。

いまこれからの時代。

大事なことなのが、

コミュニティ作りだと感じましたよ。

SNSがどうたらとかそういうのではなく、

その1つを取り巻くコミュニティ。

この形作りが非常に重要。

落語が平成ブームになっている。

だけどこれから廃れていくのか、

過去最高を塗り替えていくのか。

それはこれからのコミュニティにかかっているわけで。

よく文化や伝統が廃れ、消えかけていくと、

なくさないよう頑張って!

という人がいますが、

それらの受け手がいないと無理な話なわけで。

落語であれば観客。

聞いて楽しむ人がいなければなりたたない。

落語ってね、

最初とっつきづらくてわけわかんないけど、

聞いてみるとこれがまた面白いんだよ。

今は入門に最適なものも多いし。

一度落語の世界に触れてみてください。

新しい世界みれますよ。

入門としておすすめなのが、アニメ。

【昭和元禄落語心中】

これがまた面白い。

落語抜きにしても面白い。

落語の絡ませ方がまたうまい。

一気に引き込まれました。

おすすめです。

落語っていいよ! 


コメント