SoftBank Airを選んだ理由を他社と比較して比べてみるよ


値段と性能のバランスが決めてとなります。

比較するとメリットデメリットがよくわかります。

さてタワー型のルーターwifiを選んだわけですが。

かなり悩みました。

細かく比較して、

自分に合っているものを選びました。

もちろん使い方によって変わるので、

あなたの使い方にあうものを選んでくださいね。

あくまで自分を参考としてください。 


さて検討対象としていたものをあげましょう。

光回線

wimax wifi (ポケットwifi)

SoftBank Air (タワー型wifi)

の三つです。

なお光回線は、

自分の住んでいる場所では、

ギガマンション・スマートタイプミニのみの提供です。

アパートなど8戸以上のものになります。

なのでちょっとだけ安くないです。

高くはないですが。

まず月額料金の比較から。

光回線 4450円

waimax wifi 4380円

SoftBank Air 4680円(5370円)()内は三ヶ月目以降の値段です。

ほぼ同じくらいですね。

ソフトバンクが三ヶ月目以降やや高めになります。

更に契約内容により値段が変わります。

上記は一番高いものになります。

自分もこれ。

そして通信速度の比較です。

光回線 1G 使用規制なし

waimax wifi 220M(waimax2+のみ)三日間で3G規制あり

SoftBank Air 261M 使用規制なし 時間帯による制限あり

どれもベストエフォートとなるので、

自分以外の人の利用状況、

電波状況などで大きくかわります。

じつはここはあまり気にしてません。

なぜって?

理論値通りの性能なんてでない、

そう思ってるからですよ(笑)

トライアル出来るwimaxは、

実際に試してから購入可能なので、

気になる方はぜひtry wimaxで、

お試ししてくださいね。

自分は必ずやります。

それから初期費用です。

光回線 工事費15000~18000円

waimax wifi  登録料 3000円

SoftBank Air 契約事務手数料 3000円

光はどうしても工事しなきゃですからね。 

ほかは工事なしでその日から使えます。

そして大事なのは自分の使い方です。

外であんまり使わないと最近気がついた。 

自宅でガンガン使いたい。

工事で知らん人が部屋に入るのはいや!

工事のある光回線はこれで選択肢から消えます。

外出先でたいして使わないので、ポケットwifiも消えます。

となると自分の条件にあうのは、

SoftBank Air

のみとなりました。

あんまり好きじゃないSoftBank(笑)

ただAXGPという通信方式には興味があったので、

試してみたいと思ってました。

実際に使用してみた感想です。

大満足。

電波も安定してるし、

速度もかなり安定しているので、

不満はありません。

むしろwimaxでの不満がなくなりました。

wimaxは繋がると神速度でるんですが、

建物内がとにかく弱い。

自宅での使用重視だと、

これはかなり痛い。

実速度に関しては、

MAX100M超、制限時10Mほどになってます。

これは自分は満足出来るものです。

今まで5~7Mでしたからね。

制限入っても十分早い!

というわけで、

自分にあったものを使う。

これが一番大事なのです。

マッチング間違えると大変なことになりますよ。

以上参考にしてくださいまし!