人の悪い所をけなすよりも良い所をほめる人でありたい

雑記

どうもぷらどんです

人は必ず人と接して生きているよね

仕事、会社勤めしてるなら同僚が必ずいるし

プライベートなら、友達や趣味の仲間と接するよね

生きていく上でどうやって人と接していくか

ここがとても重要だと思うんだ

 

 

どうして相手の失敗をけなすのだろう?

仕事中同僚が失敗をしてしまった

よく見かけるのがその人を責めるということ

【どうして失敗した?】

【なぜ失敗した?】

【何があった?】

挙句の果てには、長々とありがた、、、くもない長ーいお説教

 

なんでこんなこと言えるんだろう?

 

その説教している人に聞きたい

あなたは人生で一度も失敗をしたことないのですか?

それだったら説教する権利は十分ある

だけどそんな人はいないよ

だってさ

 

人間は失敗をする生き物だから

 

これを忘れちゃいけないよ

失敗するから成長出来るんだからね

失敗したことよりもいけないことは

行動しないことだよ

行動した結果失敗しただけじゃないか

それだけだよ

 

良い所と悪い所どちらもあってこその人間

他人の欠点を責め立てる人は物凄く多いよね

正直若かりし頃の自分もそうでした、、、反省、、、

経験重ねてようやく気がついたんだよ

そんな行動は恥ずかしいことだって

だから相手の良い所を見つけるようにしてる

それでそこを褒める努力してる

そっちの方がお互いに気持ちがいいし!

 

例えばさ

いつも一生懸命に仕事をしている人がいるとするよね

だけど空回りして失敗も多いとするよね

こんな時どっちに目が行くんだろう?

 

一生懸命なこと?

失敗が多いこと?

 

多くの人が後者に目が行くはず

そっちじゃなくて一生懸命なことに目を向けたいな

それが出来る人でありたい

そう思う今日このごろでした