linkin parkのヴォーカル、チェスター・ベニントン死去、これほど悲しいことがあるなんて、、、

音楽
Pocket

linkin parkとの出会いは2000年だった

当時ヘヴィメタルと出会い常に新しい音を求めていた

そんな中linkin parkのデヴューアルバムを見つけた

90年代から00年代に移り変わり

状況も一変していた時代

 

そんな中衝撃のデヴューという言葉がしっくりくるバンドだった

メタルとラップの融合という小さな枠にはまらないバンド

それがこのバンドの印象だった

 

そしてこのバンドの最大の魅力は

チェスターのヴォーカルなのは間違いない

クリーンヴォイスの透明感と

スクリームヴォイスの激しさ

この魅力に多くの人が魅了された

 

常に挑戦をし続けるバンド

変化し続けるバンド

ずっと進化し続けていた

 

初めて聞いてから17年

その年月をバンドの音と共に過ごしてきた

もう人生の半分近くになっている

 

そんな彼の歌声はもう聞くことが出来ない

 

悲しいんじゃない

もう二度と彼の歌っている姿をみれない

それが寂しすぎるんだよ

ただの音楽ファンですらこれだけ寂しいんだよ

バンドメンバーや近くにいる人たちはもっと寂しいんだろうね

 

天国というものがあるのなら

そっちで元気で過ごしていて欲しい

ばいばいチェスター、、、

安らかに、、、

 

 

Pocket

コメント