日本の食文化はどこにむかうのか、綺麗事だけの価値観で文化は衰退する

心の叫び

どうもぷらどんです

 

今朝Twitterをみてたらこんなつぶやきをみつけました

 

矢野大地さんとは

イケダハヤトさんのお弟子さんで

田舎暮らしを堪能している方(適当

 

うーむこれはちょっと理解できん

なんでダメなんだろ






前にこの記事を読んだことがあります

すごく貴重で重要な記事であったこと

食育としてもとても大事なことであったなと思ってました

これが現実でこういった事があるからこそ

人は生命を頂くことで自分の生命を延命する

 

食材に対する感謝を促すためにとても貴重な記事

 

ほんとね日本てね大事なところ見せないよね

大事なところを見せて教育しない

お店で売られている肉を食べている

その肉はなんの肉でどこから来たのか

切り身のまま放牧してると思ってる人ももういるんだろな

 

ベジタリアンだから大丈夫!

って思ってるあなた!

野菜は生きてないの?無機物なの?

違うでしょ?野菜も生命があるでしょ?

生きてるから成長してるんでしょ?

それを食べてるんでしょ?

 

究極のベジタリアンは根菜を食べないといいます

たまねぎとかは食べない

あの食す部分が命そのものと考えるからだそうで

なので木の実や気になる実を頂くそうです

命のおすそわけしてもらってるんだね

 

って命くっとるやないかい

 

なにをどうしたって人間は命を食べないと生きていけない

いい加減ここを認めないと

その食べてる命はどうやって自分が食すまでになったのか

そういった過程も教えないといかんでしょ

 

 

ただ与えられた食事をするなら家畜と同じ

食材に対する感謝の意をもって食事をするからこそ人間

魚を捌くのはよくて動物を裁くのはだめ

意味分かんねぇよ

 

今一度食育に対する考え方を改めるべきですな




コメント