大企業の就職を蹴っ飛ばした話

Pocket

この話なんですけどね。

割と最近の話です。

 

 

 

、、、半年前なんです(笑)

 

 

 

これが非常に大失敗した選択だったなと、

今更ながらに身にしみています。

そのあたりのお話を。

 

 

求人を見ていたら、

中々掲載されることがない企業を見つけました。

業界最大手の企業で、

自分の希望の部署はそうそう求人がでません。

しかも採用率がかなり低いで有名。

 

それを見た時にこう思いました。

 

【ダメで元々、面接受けてみよっかな】

 

というやってみなきゃわからないという考えを、

即行動に移すこととしました。

 

今まで中小企業でしか働いたことがないおいら。

大体面接までの流れって決まっています。

 

電話する

↓ 大体三日位

面接日すり合わせる

↓ 大体三日以内

面接する

↓ 合否の連絡三日位

入社日決める

↓ 大体一週間位

仕事始まる

 

いつもこんな流れです。

そこは大企業。

この経験が一切通用しません。

実際の流れはこんな感じでした。

 

 

電話で履歴書送ると伝える

↓ 即送った

書類選考通過したら面接

↓ 二週間位かかった

面接

↓ 二週間後と言われた

合否の連絡

二週間後、支部では通ったが本社採用通過がまだ

↓ 更に二週間

電話で担当者から採用です、

↓ 仮採用になったらしい

健康診断で問題無ければ採用になるので受けてください

↓ 問題なかった

大量の入社書類渡される

↓ あまりにも多くて心折れかける、、、

どうにか揃える

入社日決まりました。来月です。

 

ここまで二ヶ月かかりました。

こんなに時間かかったの生まれて初めてでした、、、

 

大企業ってこんなものなんですかね?

こんなに動き遅いんですかね?

もうこの時点で後悔してました。

こんなにスピード感ないなんて、、、

 

 

更にこの後トドメが刺さります。

 

入社日前日、人事から電話が。

一時間早く出社してくださいとのこと。

これが罠だった、、、

 

実際ですね、一時間早く出社したんですよ。

そしたらですね、

入社するだけだった話がですね、

内部採用含めた入社式に変更なってました。

この後俺だけ地獄を見たわけですが、

そのお話はまた別の機会に。

 

この時大企業の内部に初めて入り、

肌で実感することができたわけです。

この時とても大きな事を学ぶことが出来ました。

それはなにかというと、

 

【方向性を間違えた大企業、そりゃ外資に買収されるわ】

 

ほんとすごかった。

大企業に適合出来ない人間が社会不適合者というならば、

おれは社会不適合者でいいです。

生きる道は一つではないですから。

 

てなわけで今日はここまでー!

それではまた♪

Pocket

コメント