いきなり耳が聞こえなくなったとき、その時あなたはどうする?

Pocket

どうもぷらどんです。

昨日の夜から急に右耳が聞こえなくなりました。

いやもう驚きますな。

いきなり聞こえなくなるんだもん。

寝れば治るかなとそのまま寝たところ、

夜中に右耳からの激痛により目が覚めました。

これにより自分の中で確信。

中耳炎だなこれ、、、、


調べてみると中耳炎の症状とモロかぶり。

こんなに痛いんだっけっか、、、


子供よりも大人の中耳炎のほうが痛みが強いそうで。

ほんとに痛かった、、、

我が家には鎮痛剤は常備してない。

さて困った。

夜中でも開いているドラッグストアを思い出す。

と思ったら前は24時間だったけど、

今は2時までになってた。

到着したのは閉店5分前というミラクル。

ここでちょっとしたミラクルが更にあったけど、

それはまた今度。

 
無事に薬もてにいれ、

帰宅後すぐにのんで即寝。

起きたところで病院へ。

ここで問題というか、

わりと予想していた大問題発生。

自分にはアレルギーがあります。

一言で言うと、

【抗生物質全て】

【ヨード系(イソジン等の消毒液)】

簡単に言うとですね、

【医療行為がほとんど受けられない】

ということになるんですよ。

発症というか発覚したのは20年前。

もうねなれてます。

今回いった病院は、

ネットで評判の良さそうなところ。

家からも近かったし。

現代の病院だなと思ったのが、

治療の全てを抗生物質に頼っているということ。

だから自分みたいのがくると何もできない。

これって医者なのかなぁ?って思っちゃう。

患者も患者で、

【いい医者=抗生物質すぐくれる】

になってしまっている。

 これって本当に医療なのかな?

医者でなく症状を診断し、薬を渡すだけ。

患者も薬をもらうだけ。

医者と患者の関係性。

自分からみると異様な光景にしかみえない。

でもこれ現実なんですよね。

そうじゃないこともあるだろうけど、

多くの病院はこうなんじゃないかな。

自分はもうこの体で生きています。

治るかどうかもわからない。

はっきりいうとね、

いつ死ぬかわからない。

そこに対しての覚悟もできてる。

生きることに執着はない。

だけど今ここに生きてるんです。

それだけでいいじゃないですか。

生きてるだけで幸せ、めっけもん。

これですよ。

このまま右耳聞こえないままかも知れない。

それに怯えてもしゃーない。

そんときゃそんとき。

というわけで今日はここまで。

それではまた♪

Pocket